×

ソフトボール五輪金の山本引退「指導の方に行きたい気持ちが強くなった」

[ 2021年12月11日 05:30 ]

記念品を手に笑顔を見せる山本(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 東京五輪のソフトボール金メダルメンバーの山本優(33=ビックカメラ高崎)が10日、現役引退の意向を明らかにした。

 北海道庁で行われた「栄誉賞」贈呈式出席後、「選手としてこれ以上伸びるというか、自分がもっと上に上がっていきたいという気持ちがだんだん薄れてきたのもある。今は、子供たちが技術が上がるような指導の方に行きたい気持ちが強くなった」と話した。東京五輪では日本代表の主砲として、2本塁打を放つなど活躍。三塁手としても好守を見せ、金メダル獲得に貢献した。引退は五輪前から考え始めていたといい、年末で所属先も退社する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年12月11日のニュース