宇野昌磨「挑む!」GPシリーズへ「明らかにレベルの高い自分が今ここにいる」

[ 2021年10月18日 00:00 ]

フィギュアスケート男子の宇野昌磨
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ開幕を前に、男子で18年平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が、テレビ朝日を通じてコメントを発表した。

 「挑む!」をテーマに掲げた宇野は、「フィギュアスケーターだと23歳、24歳というのは決して若い歳ではないですが、それでも僕は挑む、挑戦する立場でいたいと思っています。今年、僕がやろうとしていることは、自分への挑戦だと思っているので、こういう言葉にしました」と理由を明かした。

 その上で「グランプリシリーズ、この2年間特殊な状況でもありましたけど、まったく良い成績を残せていません。ただ、そのときの自分と比べて、明らかにレベルの高い自分が今ここにいることは間違いないです。間違いなく、皆さんが期待できるシーズンに出来ると思うので、僕も精一杯頑張りますので、少しでも期待して楽しんで見ていただきたいと思います」と意気込んだ。

 さらに「北京五輪…本当に日本のレベルがどんどん高くなっていて、出場するのも一筋縄にはいかない状況ですが、今の僕のできているものすべてを出し切れば自ずと結果はついてくると思うので、来たる日に向けて、毎日頑張っていきたいと思います」と決意を込めた。

 宇野は第1戦スケートアメリカ(10月22日開幕、ラスベガス)と第4戦NHK杯(11月12日開幕、国立代々木競技場)に出場する。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月17日のニュース