古江 「楽しく回れている」 12アンダー首位で史上3人目のアマ&プロV視界

[ 2021年10月17日 05:30 ]

女子ゴルフツアー 富士通レディース第2日 ( 2021年10月16日    千葉県 東急セブンハンドレッドクラブ=6679ヤード、パー72 )

14番、笑顔を見せる古江彩佳(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 19年大会覇者の古江彩佳(21=富士通)が67で回り、69だった勝みなみ(23=明治安田生命)とともに通算12アンダーで首位に並んだ。

 2打差2位から出たホステスプロの古江が67と伸ばし首位に浮上。宮里藍、畑岡奈紗に続く史上3人目のアマチュアとプロでの同一大会制覇に王手をかけた。「楽しく回れているので、そこがいいところかな」。前半で2つスコアを伸ばすと10、11、12番で3連続バーディー。「短くもなければ長くもないパットが入ってくれた」とうなずいた。

 最終日は黄金世代、勝と渋野と最終組で回る。00年度生まれの「ミレニアム世代」の古江にとって、アマ時代から「黄金世代という壁があった」と語る。その筆頭格2人との優勝争いを勝ち抜き、約1年ぶりの通算5勝目をつかむ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年10月17日のニュース