渋野、原&稲見と「和気あいあい」ラウンド 1W飛距離「原ちゃんには全然勝てない、さすがだな」

[ 2021年10月17日 05:30 ]

女子ゴルフツアー 富士通レディース第2日 ( 2021年10月16日    千葉県 東急セブンハンドレッドクラブ=6679ヤード、パー72 )

17番、同組の稲見(左)、原(右)と笑顔で歩く渋野(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 首位と4打差の5位から出た渋野日向子(22=サントリー)が8バーディー、2ボギーでこの日のベストスコア66をマークし通算11アンダーの3位に浮上した。最終日は自身初の2週連続優勝を目指し1打差を追いかける。

 【渋野に聞く】――前半で6つスコアを伸ばした。
 「スタートからチャンスについて、それがポンポンと入ってくれた。チャンスを決め切れて、長いの(パット)が入ってくれて、落としどころがない、ボギーを打つ要素がない安定したゴルフが前半はできた」

 ――原、稲見と同組でのラウンドは?
 「和気あいあいとできた。萌寧(稲見)は日本女子オープンで調子が悪そうだったけど、ちゃんと戻してきて安定したゴルフをしていた。原ちゃんには1Wで全然勝てないし、ウッドで置いていかれるし、さすがだなという感じで回った」

 ――優勝に向けての自信は先週と違う?
 「今日とか昨日みたいに(バーディーを)取れるところで、しっかり取るゴルフができれば5アンダー、6アンダーというスコアが出るので冷静にプレーしようと考えている。明日は気温も下がるし、風向きも逆になるので、違ったゴルフになる。リスクの少ないゴルフができたらいい」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月17日のニュース