×

三浦佳生は60・41点でSP2位「いい勉強になった」大会直前に靴壊れるアクシデント

[ 2021年8月28日 16:49 ]

フィギュアスケート関東サマートロフィー第1日 ( 2021年8月28日    山梨・小瀬スポーツ公園アイスアリーナ )

三浦佳生
Photo By スポニチ

 無観客で行われ、男子ショートプログラム(SP)でジュニアの三浦佳生(目黒日大高)は60・41点で2位だった。

 今大会前、スケート靴のブレードが折れるアクシデントに見舞われていた。「(ブレードを)折って付け替えてから、ぶっつけ本番だった」。冒頭の4回転サルコーで転倒するなどジャンプが決まらず、スケーティングでも苦戦。「今回はしようがない」と自らを納得させようとしたが、「いや、しようがなくはないか。ここも調整しないといけないとこなんで。いい勉強になった」と振り返った。

 29日のフリーについては「今は、出ないというよりかはジャンプはあまりせず、コレオとかが入っているのでジュニアとは違う、そういった評価も見るために滑るかな」とする一方で、「棄権も考えている」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月28日のニュース