日野・北川「人生初」キックで引退 代表43キャップ40歳「運命的」最後は古巣と対戦

[ 2021年4月26日 05:30 ]

ラグビートップリーグ・プレーオフトーナメント2回戦   日野29-49トヨタ自動車 ( 2021年4月25日    秩父宮 )

<トヨタ自動車・日野>後半途中出場の日野・北川(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 日野の40歳の元日本代表ロック北川が、人生初のゴールキックで現役生活を終えた。

 後半ロスタイムのトライの後、ゴールキックのキッカーに指名。「蹴ったことがなかったけど、ありがたかった」。キックは決まらなかったが、笑顔で仲間と抱き合った。

 日本代表43キャップで、11年のW杯ニュージーランド大会に出場。トップリーグで18年間プレーし、最後は古巣トヨタ自動車と対戦した。「運命的だと思った。引退する実感がないが楽しい試合ができた」と涙はなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月26日のニュース