×

新会議「専門家ラウンドテーブル」の設置目的 安全安心な五輪運営へ「実行のための助言いただく」

[ 2021年4月26日 19:25 ]

武藤敏郎事務総長
Photo By スポニチ

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は26日、都内で理事会を開き、新型コロナ対策として「専門家ラウンドテーブル」を実施することを発表した。安全・安心な大会運営に向け、感染症に専門的な知識を持つ学識経験者6名を招いて、助言を求めていく。第1回の「専門家ラウンドテーブル」は30日に行われ、大会までに定期的に4回程度開催する見込みだ。

 新型コロナウイルス感染症対策調整会議以外にも新たに会議を設置することになるが、武藤敏郎専務理事・事務局長は「ラウンドテーブルはコロナ対策を策定するためではない。実行するに当たって専門家にアドバイスを得る。これから実行のタイミングなので、実行のためのアドバイスをいただく」と説明した。

 新型コロナ対策に関しては活発に議論され、大会中に選手に陽性者が出ることは避けられないことから、対応のシナリオ作りや、選手村以外に滞在する選手らの情報管理、帰国後の海外選手もフォローをするべきではないかという意見が出た。

 理事会の冒頭では、橋本聖子会長があいさつ。25日に東京都など4都府県に緊急事態宣言が発出されたが、「安全・安心な大会を実現する上で、最大の課題はコロナ対策。この夏に向け、さまざまな事態を想定しながら、安全な対策がとれるように準備を進めております」と述べていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月26日のニュース