×

山下美夢有「流れをつかめなかった」 パットに苦しんだ…2位で2週連続V逃す

[ 2021年4月26日 05:30 ]

女子ゴルフツアー フジサンケイ・レディース最終日 ( 2021年4月25日    静岡県 川奈ホテルGC富士C=6439ヤード、パー71 )

5番、ティーショットを放つ山下美夢有(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 単独首位で出た山下美夢有(19=加賀電子)は9アンダーで2位だった。

 2週連続優勝を目指して首位から出た19歳の山下は、71と伸ばし切れず2位で終えた。5番で2メートルのパーパットを外してボギーが先行。この日は30パットとグリーン上で苦しみ、「パッティングを決め切れず流れをつかめなかった」と振り返る。

 それでも14番で3メートルのチャンスを沈め、「切り替えることができた」と終盤に3バーディーと粘りも見せた。ツアー初勝利の翌週も優勝争いに絡み、「最終組で良い緊張感でプレーすることができて良かった。2勝、3勝を目指して頑張ろうと思います」と前向きに言った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月26日のニュース