ラグビーで元気を!! 緊急事態宣言下の秩父宮&花園に観衆約8000人

[ 2021年4月26日 05:30 ]

ラグビートップリーグ・プレーオフトーナメント2回戦 ( 2021年4月25日 )

<近鉄・パナソニック>試合前、花園ラグビー場の正面入り口前で入場を待つ観客の列(撮影・後藤 正)
Photo By スポニチ

 トップリーグのプレーオフトーナメント2回戦が緊急事態宣言下の東京と大阪で計3試合行われ、周知期間の短さによる混乱を避けて観客を入れた。

 東京都の秩父宮ラグビー場のトヨタ自動車―日野は3849人、大阪府の花園ラグビー場の近鉄―パナソニックには3989人が入場。トヨタ自動車の茂野海人共同主将は「こういう状況の中でラグビーができているということには、感謝しかない」と述べた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月26日のニュース