ビックカメラ高崎 ライバル対決に勝利! 全得点に絡んだ大工谷「出塁することだけ考えていた」

[ 2021年4月26日 05:30 ]

第54回日本女子ソフトボールリーグ第4節   ビックカメラ高崎2―1トヨタ自動車 ( 2021年4月25日    豊田市運動公園野球場 )

<トヨタ自動車・ビックカメラ高崎>2回、先制ソロホームランを放ったビックカメラ高崎・大工谷(日本ソフトボール協会提供)@豊田市運動公園野球場
Photo By 提供写真

 第54回日本女子ソフトボール1部リーグ(スポニチ後援)は25日、3会場で計6試合が行われた。愛知県豊田市の豊田市運動公園野球場でのトヨタ自動車―ビックカメラ高崎のライバル対決は、ビックカメラ高崎が2―1で勝利した。

 2回、大工谷真波の今季1号で先制したが、直後に追いつかれた。1―1で迎えた7回、大工谷が右翼線三塁打で出塁し、1死後に我妻悠香の一ゴロで勝ち越した。大工谷は「ポテンヒットでもいいと出塁することだけ考えていました」と、全得点に絡む活躍を喜んだ。チームは2敗を守り、大混戦のリーグ戦で首位タイをキープした。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月26日のニュース