仏1部クレルモン移籍の松島が快挙!7日開幕戦先発デビューが決定

[ 2020年9月6日 00:50 ]

クレルモンに入団した松島幸太朗(C)ASM Clermont Auvergne
Photo By 提供写真

 ラグビーのフランス1部クレルモンに加入した日本代表のFB松島幸太朗(27)が、6日(日本時間7日午前4時開始)の開幕トゥールーズ戦(クレルモン)で先発出場することが決まった。5日(同6日)、チームが登録メンバー23人を発表し、松島は本来のポジションであるFB(15番)での先発が決定。昨年のW杯日本大会で通算5トライを挙げた日本の至宝が、いよいよ北半球最高峰のリーグでデビューを果たす。

 トップリーグ(TL)のサントリーを退団してクレルモンに移籍した松島は、新型コロナウイルスの感染拡大で厳戒態勢が敷かれる中、7月初旬に渡仏。現地ではすぐに全体練習に合流すると、8月22日に行われたボルドーとの練習試合でも15番で先発するなど、チーム首脳の信頼を獲得した。同29日に行われた紅白戦でも15番で先発フル出場し、計2トライに絡む活躍。バックス出身のフランク・アゼマ監督からも高い評価を受け、大事な開幕戦の先発を勝ち取った。

 フランスでは過去に大畑大介氏や吉田義人氏、15年W杯で活躍した五郎丸歩(ヤマハ発動機)ら日本を代表するプレーヤーが挑戦も、大きな成功を収めるまでには至っていない。3年後に次回W杯開催が控える今ラグビー界で最もホットな国で、松島の新たな挑戦が始まる。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2020年9月5日のニュース