NBA今季のシックスマンはモントレズ・ハレル クリッパーズからは3年連続の選出

[ 2020年9月5日 08:20 ]

シックスマン賞を受賞したクリッパーズのハレル(AP)
Photo By AP

 先発ではない選手を対象にして贈られるベンチ・プレーヤーのMVPとなるNBAのシックスマン賞に、クリッパーズのフォワード兼センター、モントレズ・ハレル(26)が選出された。

 ロケッツ時代を含めNBAで5季目を迎えたハレルは今季63試合に出場して平均18・6得点、7・1リバウンドをマーク。フィールドゴール(FG)の成功率は5季目で初めて60%を下回ってしまったが(58・0%)、あらゆる成績を考慮して算出されるプレーヤー・レーティング(選手効果率)ではリーグ13位に相当する23・26を記録していた。

 身長は201センチとフロントコートの選手としては低いものの、109キロの体重を生かしたパワープレーが得意。先発ではないものの土壇場では常に相手のセンターやパワーフォワードとマッチアップしてインサイドでその役割を果たした。シックスマン賞は過去2年、同じクリッパーズのガード、ルー・ウィリアムス(33)が受賞。3季連続で同一チームの選手が選ばれたのはこれが初めてとなった。

 3人連記の投票(1位5点+2位3点+3位1点の得点合計)でハレルは1位票を58人から集めて397点(2位34票、3位5票)を獲得。投票は接戦で、今季18・9得点をマークしているサンダーのガード、デニス・シュルーダー(26)が328点(1位35票、2位46票、3位15票)で次点だった。18・2得点を挙げているウィリアムスは127点(1位7票、2位15票、3位47票)で3位。八村塁(22)のチームメートでもあるウィザーズのフォワード、ダビス・バターンズ(27)は3位票を2票集めて8位だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月5日のニュース