石川祐希「ミラノのために全力で」 流ちょうなイタリア語で入団会見

[ 2020年9月5日 09:44 ]

14番のユニフォームを手に記念撮影する石川
Photo By 提供写真

 バレーボール男子日本代表の石川祐希(24=ミラノ)が4日、イタリア・ミラノで入団会見に臨み「ミラノのために全力でプレーしたい」と意気込みを語った。

 石川は現地記者の質問にも流ちょうなイタリア語で受け答えした。「今季は少し状況が異なるが、コッパ・イタリアもレギュラーシーズンもいいスタートを切ることが非常に重要だと考えている」と語った。

 チームの指揮官からの信頼も厚い。ピアッツァ監督は「チームメートとのコミュニケーションの取り方を熟知している、非常に技術の高い選手」と高評価。「接着剤のような選手一人一人をつなぎ、チームを一つにする役割を果たしてくれることを期待している」と話した。フサロ会長も「石川選手はチームの勝利に貢献する能力を持った、高いスポーツマンシップを有する選手」と紹介した。

 13日に行われるカップ戦でミラノ・デビューを予定している。すでに練習試合もこなして状態は上向き。石川は「チームの状態も雰囲気も良く、スムーズに合流できた。今はこの素晴らしいチームで成長することを望んでいる」と力強く語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月5日のニュース