笹生優花、順位下げる ホステスプロ・川満陽香理が浮上

[ 2020年9月5日 09:30 ]

女子ゴルフツアー ゴルフ5レディース第2日 ( 2020年9月5日    岐阜県 GOLF5カントリーみずなみコース=6571ヤード、パー72) )

笹生優花
Photo By スポニチ

 女子ゴルフツアーの今季第4戦、ゴルフ5レディース(賞金総額6000万円、優勝賞1080万円)は当地で第2ラウンドを行っている。

 午前7時からアウトの第1組でスタートしたプロ1年目の笹生優花(19=ICTSI)は前半の9ホールを1バーディー、2ボギーの37で終えた。6番パー4(400ヤード)では第1打をフェアウエー右のバンカーに打ち込み、そこからの第2打はグリーン右の深いラフへ。アプローチもグリーンの傾斜に負けてピンから2・5メートルと寄らず、ボギーが先行する厳しい展開となった。続く7番パー4(333ヤード)では8メートルのバーディーパットを沈めてバウンスバック。ここで流れを変えたいところだったが、8番パー3(183ヤード)では花道からの第2打が4メートルもショートして再びボギー。スタート時の39位から通算イーブンパーの56位に順位を下げた。

 7アンダーで初日首位に立った葭葉ルミ(27=富士住建)は午前10時20分のスタート。首位に7打差の54位からスタートしたホステスプロ・川満陽香理(33=GOLF5)が前半のインで1イーグル、4バーディーの30をマークし、通算6アンダーの2位まで順位を上げている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月5日のニュース