バレー“グラチャン”廃止へ…協会関係者「来年開催するのは難しい状況」

[ 2020年9月5日 05:30 ]

2013年の「グラチャン」バレーで銅メダルを手に笑顔の女子日本代表チーム
Photo By スポニチ

 バレーボールの国際大会「ワールドグランドチャンピオンズカップ」が廃止される見込みであることが4日、関係者への取材で分かった。同大会は1993年から五輪翌年に行われ、各大陸王者などが日本に集まり「グラチャン」の愛称で親しまれていた。

 21~24年の国際大会の日程は今年5月の国際バレーボール連盟(FIVB)の理事会で決議される予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期。日本協会関係者によると、延期となった理事会は早ければ今月中にも開催されるという。FIVBと日本協会は今後の大会開催について意見交換をしているというが、協会関係者は「来年グラチャンを開催するのは難しい状況だ」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月5日のニュース