大坂なおみ「特別な場所」大阪で初戦突破、8強進出 181位にストレート勝ち 東レPPO

[ 2019年9月18日 18:50 ]

女子テニスの大坂なおみ
Photo By スポニチ

 女子テニス「東レ・パンパシフィック・オープン」3日目が18日、大阪市ITC靱TCで行われ、第1シードで世界ランク4位の大坂なおみ(21=日清食品)がシングルス2回戦で181位のビクトリア・トモバ(24=ブルガリア)と対戦。7―5、6―3で初戦突破し、準々決勝進出を決めた。次戦はバルバラ・フリンク(22=ロシア)とユリア・プティンツェワ(24=カザフスタン)の勝者と対戦する。

 第1セット第1ゲームでいきなりブレークを許すと、第3ゲームもブレークされる苦しい展開に。だが、第4ゲームでブレークを返し、第8ゲームで再ブレーク。ファーストサーブの成功率が低く苦戦するも、要所ではショットを決めて第9ゲームをキープし逆転。第12ゲームでブレークに成功し第1セットを先取した。

 第2セットも第1ゲームでブレークされたが、第4ゲームでブレークバック。その後、第8ゲームでブレーク。第9ゲームをキープして第2セットを奪い、予選を勝ち上がった初対戦のトモバを退けた。

 今大会の開催地・大阪は、3歳まで過ごした場所。16日には大阪市内で行われた表彰式に出席し、大阪市から「市長特別表彰」を、大阪府から「感動大阪大賞」を贈られた。大会前には3月からコーチだったジャーメーン・ジェンキンス氏との契約解消を発表。自身が「生まれ育った特別な場所」と語る大阪で新たなスタートを切った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年9月18日のニュース