【玉ノ井親方 視点】前に出る相撲に徹する貴景勝、大関破ってV争い最右翼に

[ 2019年9月18日 19:32 ]

大相撲秋場所11日目 ( 2019年9月18日    両国国技館 )

<大相撲秋場所11日目>栃ノ心(中)を送り倒しで破る貴景勝。左は行司の式守伊之助(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 貴景勝が大きな一番をモノにした。栃ノ心戦は立ち合いで当たってから、一度引く形になったが、その後の攻めが速かった。すぐに右を差して懐に入る。それを嫌がった栃ノ心が深く取った左上手を離して、左から抱え込むような動きを見せバランスを崩す。その期に乗じて大関を横向きにさせながら押し込み、最後は後ろ向きにさせて送り倒した。まわしを取られて組んだら大関に分があるのは貴景勝も分かっていたはずなので、終始低い姿勢で攻め続けたのが良かった。

 逆に栃ノ心にしてみれば右を差したい、どうしてもまわしを取りたいという気持ちが強く出て、相撲が強引になってしまった。

 これで貴景勝は平幕の明生と並び優勝争いのトップに立った。大関を破って2敗を守ったのは大きい。番付から言っても賜杯の最短距離にいるのは間違いない。

 場所前はケガの影響でどこまでやれるか本人も不安があったと思うが、場所に入ってからは前に出る相撲に徹していて、バタバタする場面が少ない。足の状態はまだ何となく気にしているようにも見えるが、前に出て下がるような相撲を取らなければ、痛みも気にならなくなるはずだ。

 一方、カド番の栃ノ心はケガが治りきっておらず、恐々取っている印象。短期間でケガを治すのは難しいが、条件は他の力士も同じ。苦しい状況だが、ここを乗り越えられれば違った形の相撲も取れるようになる。今は我慢の時だ。 (元大関・栃東)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月18日のニュース