ボーモントWR会長、大会に期待「世界的普及に貢献する、特別な大会になる」

[ 2019年9月18日 05:30 ]

20日開幕 ラグビーW杯

 開幕前の公式会見が17日に都内で開かれ、国際統括団体ワールドラグビー(WR)のボーモント会長が「今回はラグビーの世界的普及に貢献する、特別な大会になる。チケット販売が好調で、視聴者数も記録を打ち立てるかもしれない」と期待感を述べた。

 国内の大会キャッチコピーは「この感動は、一生に一度だ」だが、日本協会の森重隆会長は「また日本でW杯をやらなきゃだめでしょう」と明言。「10~20年後に日本でW杯があるという目標が持てるような大会にしたい」と成功を誓った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月18日のニュース