南アフリカ ニュージーランド戦に向け調整「大きな挑戦」

[ 2019年9月18日 10:28 ]

20日開幕 ラグビーW杯

 B組の南アフリカは17日、優勝候補対決となるニュージーランドとの初戦(21日)へ向け、千葉県浦安市内で調整した。

 当日は雨予報で滑りやすいピッチが予想されるが、プロップのマルヘルベは「日本のピッチはどこも素晴らしい。雨が降っても耐えられると思っている」と問題なしを強調。「オールブラックスのスクラムは非常に強い。大きな挑戦になるが、楽しみにしている」と力強かった。

 6日の日本戦後は鹿児島で1週間のキャンプを実施。「まだ湿度は高いけど、どんな気候にも対応できる」と試合環境にも自信を示した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月18日のニュース