タトゥー文化に理解を 嶋津事務総長「大会中にトラブルは起きないと思う」

[ 2019年9月18日 05:30 ]

20日開幕 ラグビーW杯

 開幕前の公式会見が17日に都内で開かれ、外国人選手に多いタトゥーについての質問も出た。日本でタトゥーは反社会的勢力と関連づけられることが多く、ニュージーランド代表のA・スミスもこの日「公共浴場に入る時はシャツとタイツで隠した」と明かしていた。

 大会組織委員会の嶋津昭事務総長は「それぞれの国の文化を理解することが必要。話し合いは進んでいる」と語り、「大会中にタトゥーに関するトラブルは起きないと思う」との見通しを示した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月18日のニュース