大坂なおみ 5年ぶり大阪でストレート発進「たこ焼き美味しかった。でもまだお好み焼きが…」会場沸かす

[ 2019年9月18日 18:57 ]

女子テニスの大坂なおみ
Photo By スポニチ

 東レ・パンパシフィックオープンのシングルス2回戦が18日、大阪市内のITC靱TCで行われ、第1シードで世界ランク4位の大坂なおみ(21=日清食品)は世界ランク181位のビクトリヤ・トモバ(24=ブルガリア)と対戦し、7―5、6―3で初戦に勝利した。

 第1セット、第2セットともに第1ゲームをブレークされるなど苦しみながら、粘り強く戦い初優勝に向けて白星発進を飾った。

 3歳までを過ごした大阪で試合を迎えるのは、14年10月のジャパン女子オープン以来となる5年ぶり。試合後には「いつも応援ありがとうございます。今日はちょっと寒い…だけど見に来てくれてありがとう」とファンに感謝。

 楽しみにしていた大阪のたこ焼きは既に食べたといい「美味しかった。でも、まだお好み焼きを食べてない」と笑顔で話して会場を沸かせた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年9月18日のニュース