羽生結弦が本番リンクで直前調整 SP「秋によせて」で今季初戦

[ 2019年9月14日 01:01 ]

フィギュアスケート・オータム・クラシック第2日 ( 2019年9月13日    カナダ・オークビル )

<オータムクラシック第2日>SPに向け練習する羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 男子で14年ソチ、18年平昌五輪連覇の羽生結弦(24=AN

A)がショートプログラム(SP)に向け、本番リンクで公式練習を行った。

 昨季から持ち越しとなったSP曲「秋によせて」を流し、4回転サルコー、3回転半に着氷。4回転トーループはステップアウトとなった。曲かけ後はトーループジャンプの動作などを入念に確認していた。

 男子SPは日本時間14日の午前2時50分から行われ、羽生は12選手中4番目、第1グループ4番目の滑走となる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月13日のニュース