バッカニアーズが敵地で今季初勝利 パンサーズのQBニュートンは苦闘

[ 2019年9月13日 13:33 ]

最後の場面でパンサーズ・マカフリーの突進を阻止したバッカニアーズのハーグレイブ(AP)
Photo By AP

 NFLは12日、ノースカロライナ州シャーロットで第2週の1試合を行い、バッカニアーズが20―14(前半10―9)で地元のパンサーズを退けて2戦目で今季初勝利。QBジェイミス・ウィンストン(25)のパス獲得は208ヤード(1TD)にとどまったが、コーナーバック(CB)のバーノン・ハーグレイブス(24)が12タックル(うちソロタックルは11)をマークするなど守備陣が奮闘してパンサーズの追撃を阻止した。

 パンサーズは第4Qの残り1分28秒、バッカニアーズのゴールラインまであと2ヤードと迫ったが、第4ダウン残り1ヤードで試みたワイルドキャット・フォーメーションからボールを受けたRBクリスチャン・マカフリー(23)の突進はノーゲイン。エンドゾーン目前で最後の攻撃は終わり、今季2戦2敗となった。QBキャム・ニュートンのパス試投は51回におよんだが成功は25回。333ヤードを稼いだものの、最後までTDパスを記録することはできなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月13日のニュース