羽生結弦、平昌五輪着用衣装を完全再現したチャームなどプレミアムセットが登場

[ 2019年9月13日 10:00 ]

「SEIMEI」の衣装を完全再現した特製チャーム (c)Shutterz
Photo By 提供写真

 フィギュアスケートのオータムクラッシックは12日(日本時間13日)、カナダ・オークビルで開幕。フィギュアスケートの今季初戦となる大会で、数多くの選手が今シーズンの新しいプログラムや衣装で臨む。特に今大会2連覇のかかる羽生結弦(24=ANA)が今シーズンにどのような新しいプログラムや衣装を披露するか大いに注目されている。

 その羽生の2018-19シーズンの瞬間を収めた「羽生結弦プレミアムセット ~One and Only~」が登場。羽生のフレーム切手や自筆サイン(印刷)入りのフォトサイン色紙、ポストカード、フリーとショートが切り替わる3Dチェンジングページなど豪華アイテムがセットになった特製箔押しホルダーに加え、平昌五輪男子フリープログラム「SEIMEI」の衣装を手掛けたデザイナー監修による、完全再現した特製チャームがセットになっている。価格は送料、消費税込みで5980円で、郵便局と郵便局のネットショップで17日から申込受付を開始する。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月13日のニュース