大迫傑「ラスト5キロからが勝負」 MGC記者会見

[ 2019年9月13日 14:49 ]

<MGC公式記者会見>今大会の勝負どころを聞かれた大迫は「ラスト5K(キロ)」と書き込んだ(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 15日に行われる20年東京五輪マラソン男女代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」(明治神宮外苑発着)の記者会見が13日、都内のホテルで行われ、男子日本記録保持者の大迫傑(28=ナイキ)は「ラスト5キロからが勝負になる」と大会を予想した。

 男女の出場選手計40人が出席。大迫は「(展開は)正直分からない」とした上で「どのレースでもラスト5キロは勝負になる。プラス、最後の5キロからは坂がある。その辺からレースが動くという予想を込めました」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月13日のニュース