山口尚秀、世界選手権男子100平で世界新V 競泳陣初のパラ切符も

[ 2019年9月13日 05:30 ]

男子100メートル平泳ぎ(知的障がい)決勝で1分4秒95の世界新で優勝した山口尚秀
Photo By 共同

 東京パラリンピックの出場枠が懸かるパラ競泳の世界選手権第3日は11日、ロンドンで各種目の決勝が行われ、男子は100メートル平泳ぎ(知的障がい)で18歳の山口尚秀(瀬戸内温泉スイミング)が1分4秒95の世界新記録で優勝した。

 日本勢の金メダル第1号で、日本知的障害者水泳連盟の規定で競泳陣では初めて東京大会の代表に決まった。1メートル85のホープは、「障がいがあっても、一生懸命頑張ったら可能性はぐんと上がることを証明していきたい」と目を輝かせた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月13日のニュース