大坂なおみ ジェンキンスコーチとの契約解消をツイッターで報告「とても感謝している」

[ 2019年9月13日 07:56 ]

<全米オープン第8日 大坂なおみ・ベンチッチ>試合後の会見では時折笑顔も見られた大坂なおみ(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 女子テニスの大坂なおみ(21=日清食品)が13日、自身のツイッターで、今年2月にコーチに就任したジャーメイン・ジェンキンス氏(34=米国)との契約を解消したことを発表した。

 大坂は「私とJayとは、今後、一緒にやっていくことはない」とジェンキンス氏との契約解消を公表。「コートの上でも、それ以外でも一緒に過ごした時間をとても感謝している。だけど、今が変わるときだと思う」などとつづっている。

 昨年全米オープン、今年の全豪オープンを制し、世界ランキング1位となった大坂は今年2月に四大大会連覇を支えたサーシャ・バイン氏との契約を解消。その後米国協会の女子ナショナルコーチのジェンキンス氏を新たにコーチに招いたが、全仏オープンでは3回戦で敗れ、ウィンブルドン選手権は1回戦敗退。2連覇を狙った全米オープンでも4回戦敗退と、四大大会で結果を残せず。世界ランキングも4位となっている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月13日のニュース