大坂 全米連覇へ「楽しみ」 初戦は93位ブリンコワに決定

[ 2019年8月24日 05:30 ]

組み合わせ抽選会に出席した前回大会覇者の大坂なおみ(左)とジョコビッチ
Photo By スポニチ

 26日(日本時間27日)に開幕するテニスの4大大会、全米オープンの組み合わせ抽選が22日に行われ、連覇を狙う女子シングルス世界ランク1位で第1シードの大坂なおみ(21=日清食品)は、1回戦で同93位のアンナ・ブリンコワ(ロシア)と初対戦することが決定した。

 大坂は前回覇者として抽選会に出席し、「ここでプレーするのは好き。前回チャンピオンとして経験できることを楽しみにしている」と意気込んだ。前週のウエスタン・アンド・サザン・オープンは左膝の負傷で途中棄権したが、練習では黒いサポーターを着けて汗を流し「良くなっている。私は治るのが早い方なので心配していない」と強調した。23日の練習でもサポーターは着けていたが合間にフルーツを“モグモグ”するなどリラックス。順当に勝ち進めば4回戦で第13シードのベンチッチ(スイス)、準々決勝で第7シードのベルテンス(オランダ)と対戦する。

 昨年大会の男子シングルス4強で第7シードの錦織圭(29=日清食品)は予選勝者と対戦。勝ち上がると、準々決勝で第3シードのフェデラー(スイス)と激突することになりそうだ。

 本大会はWOWOWで放送。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月24日のニュース