朝乃山 高砂部屋合宿参加“雪辱の秋”へ充実感

[ 2019年8月24日 05:30 ]

合宿で腕立て伏せをする朝乃山
Photo By スポニチ

 大相撲の平幕・朝乃山(25=高砂部屋)が23日、神奈川県平塚市で行われた同部屋の合宿に参加。夏巡業で実戦感覚を積んできたとあって、この日は基礎運動で体を動かし「いい汗をかきました」と充実した表情を見せた。

 初優勝後の6月は多忙を極めて十分な稽古を積めず、自己最高位で臨んだ名古屋場所は7勝8敗。「負け越して悔しかった。それがあったからこそ巡業はしっかりやってこられた」。雪辱を期す秋場所(9月8日初日、両国国技館)へ「もっと上に目指すものがある」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月24日のニュース