フクヒロ 84分激闘制す!3大会連続のメダル確定

[ 2019年8月24日 05:30 ]

バドミントン世界選手権第5日 ( 2019年8月23日    スイス・バーゼル )

<世界バドミントン第5日>女子ダブルス準々決勝、韓国ペアと対戦する福島(右)、広田組
Photo By 共同

 女子ダブルス2大会連続準優勝の福島、広田組(アメリカンベイプ岐阜)が吹っ切れた。世界ランク6位の韓国ペアを2―1で退け、3大会連続メダルを確定させた。

 84分の死闘となったが、粘り強いラリーこそ2人の真骨頂。「長い試合をした方が自分たちに有利。ぐるぐる回って攻撃して、相手に疲れが見えた」と福島。直近2大会は序盤で姿を消したが、広田は「後悔したくなかった。気持ちでいくしかないと思った」と語った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月24日のニュース