“黄金世代”浅井 68で単独首位!パー5貯金5つイーグルも

[ 2019年8月24日 05:30 ]

女子ゴルフツアー CATレディース第1日 ( 2019年8月23日    神奈川県 大箱根CC )

<CATレディース・初日>18番、浅井咲希はセカンドショットを放ち笑顔を見せる(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 女子ゴルフ界をリードする黄金世代の1人、浅井咲希(21=小杉CC)が1イーグル、5バーディー、2ボギーの5アンダー、68で単独首位に立った。上田桃子(33=かんぽ生命)ら2位グループに2打差をつけ、黄金世代9人目の優勝に挑む。前週優勝の穴井詩(31=GOLF5)は75で、36位と出遅れた。

 5ホールあるパー5で5つの貯金をつくった浅井が5月の中京テレビ・ブリヂストンレディース以来のトップスタートだ。強烈なアゲンストで迎えた470ヤードの1番は3Wで6メートルに2オン、初日ただ一人のイーグルを奪った。532ヤードの最終18番第2打はグリーン右の特別席を直撃してドロップ。3打目を1メートルにつけ「1番は1Wが気持ちよく飛び18番はラッキーでした」と笑顔で振り返った。

 パワーの源は夏場でも落ちない食欲。夏バテと無縁の身長1メートル51は、焼き肉店へ行けば、ビビンバとステーキ丼を軽く平らげ「夏場には太るんです」と春先より5キロ増とか。98年生まれで17年テスト合格の黄金世代も今季は7位が最高。同世代の小祝とは一緒に食事、プレゼントを交換する仲で、小祝が7月に初優勝を飾ったのが大きな刺激となっている。「今日は出来過ぎ。明日もまず赤字(アンダー)を目指して」と意気込んだ。 

 ◆浅井 咲希(あさい・さき)1998年(平10)6月13日生まれ、兵庫県尼崎市出身の21歳。6歳からゴルフを始め、15年兵庫県アマ優勝、同年の日本ジュニア17位。兵庫・滝川二高を経て17年プロテスト合格。18年は5試合に出場し予選通過2試合。好きな色はピンク。1メートル51、54キロ。血液型A。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月24日のニュース