渡辺&東野組 日本初の快挙!混合ダブルスもメダル確定「自信になる」

[ 2019年8月24日 05:30 ]

バドミントン世界選手権第5日 ( 2019年8月23日    スイス・バーゼル )

<世界バドミントン第5日>混合ダブルス準々決勝、マレーシアのペアに勝利し笑顔の渡辺(左)、東野組
Photo By 共同

 混合ダブルス世界ランク3位の渡辺、東野組(日本ユニシス)が5位のマレーシアペアを2―1の逆転で下し、同種目で日本勢初のメダルを確定させた。

 第2ゲーム以降は後衛の渡辺を中心にコートを広く使って主導権を掌握。情熱的なプレーに、観衆の拍手も増していった。福島県の富岡一中からペアを組む2人。同種目の歴史の扉をこじ開けたが、渡辺は「うれしいし、自信になるけど、僕たちは優勝を目指している」と強調した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月24日のニュース