笑う好漢

[ 2019年8月24日 09:00 ]

必死でした
Photo By スポニチ

 【我満晴朗 こう見えても新人類】スマイル・シンデレラこと渋野日向子。各種メディアを通じ、彼女の屈託ない笑顔を目撃する度、ある種の感慨に浸らざるを得ない。

 だいたいゴルフというスポーツ、喜怒哀楽をいちいち表に出しているようではスコアメークなど夢のまた夢。ゆえにトップ選手の多くはラウンド中、能面のように表情を変えない。中には苦虫をかみつぶしたような顔つきのプレーヤーもいる。バーディーを奪ってギャラリーから歓声を浴びた際、ニコリともしないことで有名な元賞金女王は「勝負の最中に笑うなんて、私には絶対にできません」と話していたっけ(20年ほど前の話ですが)。そんな「常識」にこだわらない20歳の若手が、メジャータイトルを初挑戦でかっさらったのだから、腰を抜かすほど驚いた。

 彼女のようなスポーツパーソンって、他にいるのだろうか…としばし熟考していたら、新城幸也の顔を思い出した。ご存じ、自転車ロードレースのプロ選手。現在はバーレーン・メリダに所属している34歳だ。

 その新城の出場するレースを取材したのは5年ほど前だった。さいたま市内の周回コース。指定されたフォトグラファーゾーンに陣取って新城が通過する度にシャッターを切り続けた。レースも中盤から終盤に入ったころ、各選手が猛然とスパートを掛ける。懸命にペダルを踏む、業界で言うところの「もがく」状態だった新城を撮影したのが別掲の写真。

 あれ? 笑ってるよね。ニカっと。

 その後、特集記事の取材で本人とじっくり話をする機会があり、例の場面についてさりげなく尋ねてみた。あの時は笑顔でしたね? 余裕しゃくしゃく、って感じだったんですか?

 「いいえ全然。もう必死でしたよ」

 え? 明らかに笑っていたけど。 

 「そうなんです。よく言われるんです。なんだかボク、苦しい時ほどあんな表情になるみたいで。あははは」

 つまり新城の場合、必死になればなるほど口角が上がってしまうらしい。本人の意思とは全く関係なく。

 そう、インタビューの最中も笑顔のオンパレードだった。今でも「ナイスガイ」と言えば彼の名を真っ先に挙げたくなる。

 2010年のジロ・ディタリアでステージ3位(ゴール前300メートルまではトップだった)、同年の世界選手権では9位の好成績。12年のツール・ド・フランスでは暫定マイヨ・ジョーヌに加えてステージ敢闘賞を受賞するなどで世界のトップカテゴリーで存在感を発揮してきた。一方で大けがに見舞われるケースも多い。今年3月も落車して左ヒジを骨折し、シーズン前半を棒に振っている。

 長いリハビリ生活を経て6月に完全復帰し、8月24日開幕のブエルタ・ア・エスパーニャ出場メンバーに晴れて選出された。

 あの太陽のような笑顔が晩夏のグランツールに帰ってくる。シンデレラの微笑と同じくらい、スペインから届くはずのスマイルが待ち遠しい。(専門委員)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「バスケットボールW杯2019」特集記事

2019年8月24日のニュース