錦織圭 体調は「大丈夫」全米OP1回戦は世界ランク205位トルンゲリティと対戦

[ 2019年8月24日 12:51 ]

錦織圭
Photo By スポニチ

 26日に開幕するテニスの四大大会、全米オープンは23日までに予選が行われ、昨年4強入りした第7シードの錦織圭(29=日清食品)の1回戦の相手は世界ランク205位のマルコ・トルンゲリティ(アルゼンチン)に決まった。両者は初対戦となる。

 同日の記者会見では「ストローカーで、フォアはスピンで重いボールを打ってくる印象」とイメージ。前週までのロジャーズ・カップ、ウエスタン・アンド・サザン・オープンで2戦続けて初戦敗退した結果を振り返り「1、2試合目で勝って自身をつけることが大事なので。良いストローク戦ができればバネになる。良い相手です」と語った。

 悩まされていた右肘痛に加え、「息ができない」という症状については「練習もしっかりやれているので大丈夫だと思う」と強調。14年に準優勝している地で「他のグランドスラムより高揚感はちょっと多い。不安はあるけど気持ち的には前向きで、ここに来るとワクワクします」と開幕を心待ちにした。

 本大会はWOWOWで放送。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月24日のニュース