日本が格上ドイツに劇勝!八村は両軍最多の31得点 残り1分45秒で逆転

[ 2019年8月24日 17:11 ]

<バスケットボール日本代表国際試合 男子日本代表対ドイツ>第1Q、ゴール下でレイアップを決める八村(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 男子バスケットボールのW杯中国大会(31日開幕)に出場する日本(世界ランク48位)は24日、さいたまスーパーアリーナで同22位のドイツと対戦。86―83(前半35―42)で劇的な逆転勝ちを収め、8月に入っての強化試合では2勝2敗となった。

 八村塁(21=ウィザーズ)が31分出場して両軍最多の31得点をマークすれば、27分の渡辺雄太(24=グリズーズ)も20得点。第3Q途中で一時12点を追う展開だったが、第4Qに猛追して試合をひっくり返した。

 残り2分1秒にニック・ファジーカス(34=川崎)の3点シュートで80―81とすると、その16秒後に馬場雄大(23=A東京)がフリースローを2本決めて逆転。残り1分4秒にはガードの篠山竜青(31=川崎)がドライブインからのフローターを決めて引き離した。最後は渡辺がドイツのボールをスティールして反則を誘い、フリースローを2本成功させてとどめをさした。

 八村はフィールドゴール(FG)を19本中12本(うち3点シュートは3本中2本)成功。代表での過去7戦でのFG成功率は57・9%だったが、この日は63・2%というハイアベレージだった。

 W杯1次予選で世界ランク3位のフランスと同じG組に入っているドイツは8月に入っての強化試合では6戦目にして初黒星。ドイツは17日、日本がW杯1次予選で対戦するチェコ(9月3日)に87―68で勝っているだけに、日本にとってはW杯本番につながる貴重な1勝となった。

 ドイツの中心的な選手となるNBAサンダーのガード、デニス・シュルーダー(25)は16得点、8リバウンド、4アシストをマーク。しかし土壇場で試みたレイアップは八村にブロックされて勝機を逃した。ウィザーズで八村のチームメートとなる203センチのガード、アイザック・ボンガ(19)は12分の出場で6得点。セルティクスのフォワード、ダニエル・タイス(27)は22分の出場で8得点だった。

 なお日本は25日に世界ランク51位のチュニジアと対戦する。
 

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月24日のニュース