木下、納得5位 令和初のアルバトロス達成

[ 2019年6月3日 05:30 ]

男子ゴルフツアー ミズノ・オープン最終日 ( 2019年6月2日    茨城県 ザ・ロイヤルGC=8016ヤード、パー72 )

1番、ティーショットを放つ木下(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 初日に男女通じて国内ツアー令和初のアルバトロスを達成した木下は72と伸ばせず、通算2アンダーの5位と全英切符に一歩届かなかった。それでも今季初めてのトップ5入りに「全英は残念だがアルバトロスも出たし、いい1週間になりました」と納得の表情。ショットの調子自体は「良くなかった」というものの、4日間を上位で戦い抜き「この結果はコースマネジメントの成果だったと思います」と胸を張った。

 ▼9位今平周吾 ショットがあまり良くなかった。前半はまずまずだったが、後半はアイアンがうまくいかなかった。(第2ラウンドで単独首位に立つも決勝2日間はスコアを落とす)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月3日のニュース