男子10キロ橋本 33分53秒 納得好タイムで初V

[ 2019年6月3日 05:30 ]

第6回スポニチ・バラとワインマラソンinハウステンボス兼全日本仮装マラソン選手権 ( 2019年6月2日    長崎県佐世保市・ハウステンボス )

初参加で10キロの部を制した橋本
Photo By スポニチ

 10キロ、5キロ、ファミリー2キロの3クラスに1320人が参加し、バラとアジサイに彩られたヨーロッパの街並みを駆け抜けた。10キロ男子は下関市の会社員、橋本将志(24)が33分53秒で初優勝した。

 <10キロ男子>初参加した橋本が「34分を切るタイムで優勝を狙っていた。うれしい」と33分53秒の好走を喜んだ。山口・美祢青嶺高時代は駅伝部で活躍。「高3の全国大会予選でチームは3位に終わったけれど、3区で区間賞を獲りました」。麗沢大でも駅伝を続け、現在は社会人ランナーとしてマラソンに取り組む。「石畳は走りにくかったが、街並みが奇麗で海も見えて楽しいコースだった」と景観も満喫していた。

 《仮装マラソン個人「令和」掲げ激走》仮装マラソン個人は黒いスーツに安倍晋三首相のマスクをかぶって激走した三星(みほし)正彦(36)が優勝した。「時代を表そうと思った。安倍さんの仮面はインターネットを通して2000円で買った」と話した。新元号の「令和」と書いた額を掲げて走るなど小道具でもアピール。「初めての仮装マラソンで優勝できてよかった」と感激しきりだった。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月3日のニュース