桐生 手応え10秒0台×2 「9秒台」自己暗示で好記録

[ 2019年6月3日 05:30 ]

陸上 布勢スプリント ( 2019年6月2日    鳥取県コカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク陸上競技場 )

男子100メートル決勝、10秒05で優勝した桐生(右)
Photo By 共同

 男子100メートル決勝は日本記録保持者の桐生祥秀(23=日本生命)が10秒05(追い風0・1メートル)で優勝した。予選でも10秒04(追い風1・3メートル)の大会新記録をマークし、27日から始まる日本選手権(福岡)に向けて順調な仕上がりを見せた。男子110メートル障害は昨年のジャカルタ・アジア大会銅メダルの高山峻野(24=ゼンリン)が13秒36(追い風1・9メートル)の日本タイ記録で優勝した。

 ライバル不在のレースでも桐生の集中力が切れることはなかった。2本続けて10秒0台をマークし「1本目に9秒台を出して(決勝は)棄権しようと思っていた。9秒台に足りなかったので悔しいですね」と笑顔の中にも悔しさがにじんだ。

 直前まで日本新記録も期待できる追い風が吹いていたが、決勝では直前に風がピタッとやんだ。ほぼ無風状態で10秒05を出したが「0台連発は狙っていない。自己記録に届いていないですから」と視線の先には9秒台の世界が広がっている。

 東京五輪参加標準記録(10秒05)を突破済みで緊張感を欠きそうな状況だったが「9秒台を出す」と自己暗示をかけた。肩に力が入る状況をつくり出し「あえてドキドキさせました。これまでと違う取り組みができた」と手応えを口にした。

 日本選手権まで海外レースへの出場も模索したが国内で調整することを優先する。「ライバルのいる中で優勝して世界選手権の内定をもらいたい」。体から自信がほとばしる絶好調男に死角は見当たらない。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年6月3日のニュース