FBにこだわり強い松島 右ウイングでも「仕事をまっとう」 ウルフパック 17日強化試合最終戦

[ 2019年5月16日 14:29 ]

レベルズB戦に右ウイングで先発する松島幸太朗
Photo By スポニチ

 オーストラリア遠征中のラグビーW杯日本代表候補「ウルフパック」は16日、メルボルン郊外であす17日のレベルズB戦に向けて最終調整を行った。この一戦は3月末に始まった強化試合6試合の最終戦というだけでなく、2月に始まった代表候補合宿の締めくくりという位置付けになる。

 本来のフルバックではなく、右ウイングで先発する松島幸太朗(サントリー)は「(ジョセフ・ヘッドコーチが)いろんなポジションを試したいのだと思う。今回は僕もチャレンジャー」と話した。

 より自由にプレーできるFBへのこだわりが強い松島だが、スピードや突破力、ディフェンス面での強さを買われ、日本代表ではウイングで起用される試合も多い。15年W杯のスコットランド戦、ジョセフHC体制下でも17年6月のアイルランド第1戦は右ウイングで先発。指揮官が複数ポジションをこなすことを奨励している面もあり、「ウイングの仕事をしっかりまっとうできるかを見られるので、しっかりすることにこだわりたい」と抱負を語った。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月16日のニュース