松山が最終調整 全米プロは好相性、和やかムードでチェック

[ 2019年5月16日 06:35 ]

開幕を前日に控えて練習ラウンドを行う松山
Photo By スポニチ

 米男子ゴルフのメジャー第2戦、全米プロ選手権は16日、ニューヨーク州のベスページ・ステートパーク・ブラックコース(7459ヤード、パー70)で開幕する。前日15日には、日本のエース・松山英樹(27=LEXUS)が9ホールの練習ラウンドで最終調整した。

 メジャーウィークがスタートし、初めて青空が広がった開幕前日。水色のウェアに身を包んだ松山は、1番から練習ラウンドをスタートした。和やかな雰囲気で9番まで回り、深いラフが茂るグリーン回りなどを入念にチェックする姿があった。

 今年から開催時期が8月から5月に変更された全米プロ。16年は4位、17年に5位と優勝争いを繰り広げた松山にとって好相性の大会だ。「ちょっとずつ良くなって来てはいるので、自分に期待する部分と不安な部分と両方ある」と話していた27歳。日本人初のメジャー制覇へ、いよいよ決戦がスタートする。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月16日のニュース