錦織 ベスト8!ダブルヘッダー奮闘 初対戦シュトルフに逆転勝利

[ 2019年5月17日 03:55 ]

テニス イタリア国際 ( 2019年5月16日    ローマ )

雨天順延の影響でダブルヘッダーで挑んだ錦織(AP)
Photo By AP

 テニス・イタリア国際の男子シングルス3回戦が行われ、前日雨天順延の影響で1日2試合のダブルヘッダーとなった錦織圭(29=日清食品)がヤンレナルト・シュトルフ(29=ドイツ)と対戦。3―6、7―6、6―3で逆転勝ち、ベスト8進出を決めた。

 第4シードで世界ランク6位の錦織と同51位のシュトルフは初対戦。シュトルフはこの日行われた3回戦で同10位のチリッチ(クロアチア)をストレートで下して勝ち上がっていた。

 第1セットは相手の強烈なサーブにリードを許し、錦織も粘り強くサービスキープを続けるも反撃及ばずゲームカウント3-6で落とした。

 第2セットは第5ゲームから10ゲームまで互いにブレークを続けたが、第11ゲームを錦織がキープしてリードしたがシュトルフも次のゲームをキープして6―6となりタイブレークに入った。タイブレークは錦織が7―2で制しフルセットへ持ち込んだ。

 最終セットは錦織が第3ゲームをブレークしたもののブレークバックされて追いつかれたが、第5ゲームを再びブレーク、続くゲームをキープして優位に立つと第9ゲームをブレークして熱戦を制した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月16日のニュース