休場の貴景勝 来場所はカド番 八角理事長「それを考えるとストレスになる。体を治すことに集中を」

[ 2019年5月16日 19:52 ]

大相撲夏場所5日目 ( 2019年5月16日    両国国技館 )

<夏場所5日目>貴景勝の休場で玉鷲の不戦勝(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 新大関の貴景勝が右膝のケガで休場した。八角理事長(元横綱・北勝海)は「ケガはしっかり治せばいい。骨折と違って時間がたてば良くなるか、分からない」と話した。新大関場所の休場で、来場所はいきなりカド番となるが「そういうことを考えるとストレスになる。体を治すことに集中してほしい」と話した。

 また、横審の矢野弘典委員長は「ケガで休むのは残念。どうやったら早く戻れるか考えて、早く戻ってきてほしい。(大関は)若手にもの凄い刺激を与えた。この流れを止めないように頑張ってほしい」と再起を期待した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月16日のニュース