Bリーグ年間表彰式 千葉・富樫が3季目で初のMVP

[ 2019年5月16日 05:30 ]

BリーグMVPに選ばれ、あいさつする千葉の富樫
Photo By 共同

 バスケットボールのBリーグは15日、18―19年シーズンの年間表彰式を都内で開催し、レギュラーシーズンの最優秀選手賞(MVP)に富樫勇樹(25=千葉)を選出した。ポイントガードで全60試合に先発し1試合平均14得点。プレーオフのチャンピオンシップは準優勝に終わったが、史上最高勝率となる52勝8敗で東地区を制したチームの中心を担った。

 中学卒業後に米国留学。恩師の中村和雄氏から「バスケ界の三浦知良になれ」との言葉を贈られた。カズはJリーグ初代MVP。富樫はBリーグ3季目で初のMVPに輝き「ほんの少しだけど、近づけたかな。身長1メートル67と小さいが、この身長だからこそ、たくさんの子供たちに勇気や希望を与えられると思う」と語った。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月16日のニュース