朝乃山 鬼門突破も冷静「自分の相撲を取りきれば」

[ 2019年5月16日 05:30 ]

大相撲夏場所4日目 ( 2019年5月15日    両国国技館 )

<大相撲夏場所4日目>寄り切りで錦木(左)を破った朝乃山(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 朝乃山が平幕でただ一人の全勝となった。合口のいい錦木にすぐに右を差して左上手を引き、そのまま寄り切った。

 昨年は夏場所から3場所連続で初日から3連勝しながら、いずれも4日目で敗れた。“鬼門”を突破しても「それは別に。自分の相撲を取りきれば白星につながってくる」と気負いはなかった。5日目は1勝5敗と合口の悪い輝戦だが「過去は過去。現在の場所で自信を持っていきたい」と気合を込めた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月16日のニュース