豪栄道 当たり勝って完勝、高安は黒星発進に無言貫く

[ 2019年5月13日 05:30 ]

大相撲夏場所初日   ○豪栄道―北勝富士●、●高安―琴奨菊○ ( 2019年5月12日    両国国技館 )

北勝富士(奥)を寄り切りで破る豪栄道(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 貴景勝以外の大関は明暗を分けた。豪栄道は北勝富士を寄り切り。立ち合いから当たり勝っての完勝だったが、北勝富士に土俵際で回り込まれて少し泳いだ場面を、「もう少し攻めきらないと」と反省する貪欲さだった。

 一方、高安は琴奨菊に当たり負け、押し出された。この日の朝稽古では立ち合いの動画を若い衆に撮らせて自らチェック。試行錯誤が実らず取組後、支度部屋での取材にはノーコメントを貫いた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月13日のニュース