女子200個人メドレー 大本V、大橋2位 日本勢が健闘

[ 2019年5月13日 05:30 ]

競泳 シドニー・オープン ( 2019年5月12日    オーストラリア・シドニー )

女子200メートル個人メドレーで優勝した大本(中央)、2位の大橋(左)ら
Photo By 共同

 女子200メートル個人メドレーは大本里佳(イトマンSS)が2分8秒64で制した。大橋悠依(イトマン東進)は2分9秒43で2位。非五輪種目の200メートルリレーは男子の日本(塩浦、中村、松元、関)が1分28秒35、女子の日本(大本、青木、白井、池本)が1分40秒95とそろって日本新記録をマークして優勝した。

 男子100メートルバタフライは瀬戸大也(ANA)が51秒94で制した。女子200メートルバタフライは長谷川涼香(東京ドーム)が2分8秒03で勝ち、男子200メートル平泳ぎは小関也朱篤(ミキハウス)が2分9秒72で1位。男子50メートル自由形は中村克(イトマン東進)が1位、塩浦慎理(イトマン東進)が2位だった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年5月13日のニュース