サンウルブズ また零敗、スクラム連係不調で見せ場なし

[ 2019年5月13日 05:30 ]

スーパーラグビー第13節   サンウルブズ0―33ブランビーズ ( 2019年5月12日    キャンベラ )

<ブランビーズ・サンウルブズ>後半、突進するサンウルブズ・茂野
Photo By 共同

 サンウルブズはプレーオフ進出争いを繰り広げる相手に1トライも奪えず、2戦前のハイランダーズ戦に続く零敗。プロップ山下は「スコアできなかったことは、負け以上にずっしりくる」と肩を落とした。

 1週間かけて相手の強力なセットプレー対策を施したが、スクラムでは後ろの5人との連係がうまくいかず、終始劣勢に。終盤には相手陣で攻める時間帯が続いたが、ゴールラインを割れなかった。山下は「スクラムは8対8の押し合い。一つずれてしまうとキツい」と吐露。日本代表のジョセフHCが見守ったが、いいところのない完敗だった。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月13日のニュース