松山英樹23位、康晟訓が初V

[ 2019年5月13日 10:24 ]

 米男子ゴルフのAT&Tバイロン・ネルソンは12日、テキサス州ダラスのトリニティフォレストGC(パー71)で第3ラウンドの残りと最終ラウンドが行われ、第3ラウンドを68で終えた松山英樹は最終ラウンドを6バーディー、2ボギーの67で回り通算12アンダー、272で23位だった。

 31歳の康晟訓(韓国)が首位で出た最終ラウンドを67で回り通算23アンダーでツアー初優勝。賞金142万2千ドル(約1億5600万円)を獲得した。2打差の2位にマット・エブリーとスコット・ピアシー(ともに米国)が入った。

 ▼松山英樹の話 今週はコースが広く助けられた。(最終ラウンド後半の)4連続バーディーは良かったが、その後の4ホールはミスパットだった。そこら辺をもうちょっとうまくできるようにしたい。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年5月13日のニュース