炎鵬 母に贈る新入幕白星「最高です」、懸賞金手渡し

[ 2019年5月13日 05:30 ]

大相撲夏場所初日   ○炎鵬―徳勝龍● ( 2019年5月12日    両国国技館 )

炎鵬(左)が寄り切りで徳勝龍を破る
Photo By 共同

 炎鵬が新入幕初日を白星で飾った。下からの攻めで左を深く差し、徳勝龍の右前まわしを取って寄り切った。「最高です。逃げずに真っ向からいこうと思った」。この日は母・由美子さん(57)、父・進さん(62)らが駆けつけた。取組後、由美子さんと再会し、受け取った懸賞金(2本で手取り6万円)のうち1本を手渡し。幕内初白星と懸賞金という母の日のプレゼントに、由美子さんは「感動しました。使わないようにします」と感激していた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年5月13日のニュース