朝原さん、サニブラウンにエール「驚かない。まだ伸びる」

[ 2019年5月13日 05:30 ]

陸上 世界リレー大会最終日 ( 2019年5月12日    横浜・日産スタジアム )

銀メダルを授与され笑顔の(左から)朝原さん、高平さん、末続、塚原さん(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 08年北京五輪の男子400メートルリレーでジャマイカの失格により銅から銀に繰り上がった日本のメンバーが会場での銀メダル授与式に出席した。朝原宣治さん(46)、高平慎士さん(34)、塚原直貴さん(34)、現役の末続慎吾(38)が、国際陸連のコー会長からメダルを授与された。

 サニブラウンについて、日本歴代5位の10秒02の記録を持つ朝原さんは「驚かない。まだまだ伸びる期待感がある。東京五輪は個人でメダルを狙える逸材だと思う」と絶賛。03年世界選手権200メートル銅の末続は、今大会で失格したリレーに「意図や思いが伝わるレースを積み重ねていけば、それが東京五輪での最高の成績につながるのではないか」とエールを送った。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月13日のニュース